色をつくる体験ワークショップ

現在開催中の「色をつくる」展の連動企画として、実際に自分で手を動かしながら色を作ってみる「カラーミキサーを作ろう」と「偏光色を楽しもう」という、2つの体験ワークショップをご用意しました。

色は分かっているようで知らないことが多い、身近でありながら謎に満ちた存在でもあります。
この体験ワークショップでは、色の科学的な原理を知ることと同時に、自分で色を作り出す楽しさや色の不思議さを学ぶことができます。

ぜひこの機会に色の体験ワークショップに参加し、あなたの色に対する知性・感性・創造性を広げてください!

WorkshopA カラーミキサーを作ろう

*
いろいろな「色」はどのようにして作り出されるのでしょう?今の写真や印刷、テレビの色鮮やかさには、驚かされます。
色を作り出す原理を簡単に学べるように、『カラーミキサー』を作ってみましょう。
簡単な回路を作って、赤、緑、青の3つのLEDを光らせます。 抵抗器のつまみを回して3つの光を混ぜ合わせ、いろいろな色ができることを体験します。
工作を楽しみながら、色の仕組みを学びませんか?

WorkshopB 偏光色を楽しもう

*
雨上がりの空にかかる七色の虹の橋、それは白色の太陽光が空気中の小さい水滴で屈折や反射することで生まれます。
身近な液晶テレビなどに使われている偏光板とセロテープを使えば、白い光からきれいな色を取り出すことができます。
偏光板とセロテープを使って、立方体や富士山などのカラフルな「隠し絵」を作ってみましょう。

基本情報


開催日
■WorkshopA カラーミキサーを作ろう
 2017年10月15日(日) ①10:30~ ②13:30~
■WorkshopB 偏光色を楽しもう
 2017年11月11日(土) ①10:30~ ②13:30~
対象小学1年生~中学3年生  ※小学4年生以下は保護者同伴でお願いいたします。
定員各回 30名  ※予約制
会場東京工芸大学厚木キャンパス
お申し込み 申し込みはこちらの申し込みフォームから

お申し込み締め切り日
■WorkshopA カラーミキサーを作ろう:※申し込みは終了しました。
■WorkshopB 偏光色を楽しもう:2017年11月1日(水)

※お申込者多数の場合は、抽選結果を受付期間終了後、ハガキにてお知らせします。
詳細開催案内PDFはこちらから